浮気調査を頼むべきか・・!?【怪しい浮気のサイン一覧】

浮気調査の現状と浮気チェックの重要性


「浮気調査の成功確率が100%はあり得ない。」これは、どこの探偵事務所にも当てはまります。浮気調査は人それぞれ状況が違うので、必ず証拠が掴めるワケではありません。また、調査をしてみたら浮気の事実などまったく無かった、という依頼も珍しくありません。

今すぐにでも別れたい・関係を修復したい・真実を知りたいだけ、あなたがどんな心境でも一旦冷静になり、状況を把握することが大切です。当サイトでは、浮気のサイン・兆候をいくつかピックアップしています。もしあなたのパートナーにもいくつか当てはまった時には、まずは相談から始めてみると良いでしょう。


※ご紹介する浮気のサイン・兆候は男性(夫)を女性(妻)が疑っているケースです。男性の方は女性に置き換えてください。

夫が怪しい行動をしていないか≪浮気のサイン≫をチェック


人間関係の変化
  • 会社の飲み会・付き合い

    急に会社の飲み会・付き合いが増えていませんか。残業が急に増えだしたケースも注意が必要です。浮気相手との時間に当てられているかもしれません。

  • 友人関係

    誰と出かけるのか・一緒だったかを問いただすと、いつも特定の友人ばかり名前が上がりませんか。その友人を、カモフラージュ用としている可能性もあります。

  • 予定・休日

    最近予定を言わなくなった、もしくは最近予定を言ってくるようになってはいませんか。どちらのケースも、疑われたくなくて予防線を張っていることが考えられます。

趣味嗜好の変化
  • 服装

    今まで服装に気を使っていなかったのに凝りだしたり、アクセサリーや髪型などを気にしだしたりしていませんか。格好をつけたい人物がいるのかもしれません。

  • 趣味

    趣味ではない音楽を聴いたり、映画の知識が増えてきてはいませんか。最近、情報源が増えた可能性があります。急に体を鍛えることも、浮気相手の影響かもしれません。

  • 出費

    カードの明細などに、普段行かないような見慣れないお店が記載されていたりしませんか。明らかに1人分ではない、食事のレシートが出てきていませんか。

携帯電話に対する変化
  • 持ち歩くように

    コンビニに行く・近所を散歩するなど、ちょっとした用事でも必ず携帯を持っていくようになってはいませんか。手元に置いておきたいという、心理の表れが考えられます。

  • 目の前で対応しない

    電話の着信やメールが来ても、あなたの目の前で返事をする頻度が少なくなってはいませんか。何かと「会社から」を強調されるケースも注意が必要です。

  • 留守電

    以前より留守電になる回数が増えていませんか。通話中であったり、電源が切ってある場合も同様です。その後に不自然な言い訳をする場合は、さらに注意が必要です。

その他の変化
  • 逆ギレ

    夫に対して疑問を投げかけた時に、ごまかされたり逆ギレするようになってはいませんか。以前は普通に応対してくれていたのに、面倒くさがっている素振りを見せてはいないでしょうか。

  • 時間

    時計を見たりしていて、時間を気にするような素振りが増えてはいませんか。特定の時間に連絡の約束をしているか、連絡がなくてソワソワしているのかもしれません。

  • 発言

    これは明らかなケースですが、あなたに対して別れをほのめかす発言をしてくるようになってはいませんか。距離を置きたい、価値観が合わないなど。

浮気調査を頼む探偵を選ぶ基準は≪調査実績≫


低額な料金ではないが、調査実績で原一探偵事務所




b-haraichi19.jpg パートナーの急な変化は浮気のサインです。真実を知るために浮気調査を依頼するなら、過去の調査実績は判断材料の一つとなります。

その点では、原一探偵事務所は条件を満たしていると言えます。創業以来70,000件以上の調査実績、テレビ番組「徳光和夫の感動再会"逢いたい"」「奇跡の扉 TVのチカラ」への調査協力をしています。


1度の調査にかかる基本的な調査料金【調査基本料金40,000円?】、1日あたりの調査時間に応じた基本的な調査料金【調査料金80,000円?/1日】と決して低額な料金ではありません。浮気調査の相場は1日あたり10万円程度だと言われています。これより極端に高い、もしくは低い探偵事務所は警戒が必要です。心配なようでしたら、無料電話相談を利用してみるのも良いかもしれません。 原一探偵事務所なら人探しの調査もやっています。